9/20住之江公園野球場

a0108684_2344180.jpg

大阪ゴールドビリケーンズ 6×-2 三重スリーアローズ

9月にしてJFBL初観戦。
先日JFBLの休止が発表された直後だけに、(普段来ていない人間が観戦に来るのは)心苦しかったのだが、先日も津まで行って雨天中止になったくらいなんで、一応観戦する資格はあるよね?と勝手に自分を納得させて観戦することにした。

で、試合は三重が先頭打者ホームランでいきなり先制するも、2回裏に大阪が先発の乱調を捉えて、一挙5得点(そのうち押し出しが2点・・・)を挙げ、その後両チームが1点ずつ得点するものの試合終了。
実は今日三重が勝てば、JFBL最初(で最後の)優勝が決まる試合だったため、3塁側には三重からだと思われる応援団一行が陣取っており、観客は全部で300人強だったが、意外に賑わっていたのが印象的だった。





だが、試合そのものは今ひとつと言った感じ。
アイランドリーグとの交流戦戦績を見ても分かるように、やはりレベルはそれほど高くない。
鳴尾浜なら無料、京セラドームでも優待デー等では500~1000円で入場できる中、わざわざJFBLを1000円払って観戦しようとするのは、よほどの物好きしかいないのではなかろうかとも思う。
(これは関西独立にも共通すること)

そんな中、唯一良かったなと思った選手が、三重の3番手で登板した大島。
アンダースローながらコントロールと変化球のキレが良く、1イニング2三振を奪っていた。ただ、球が軽いのか、打たれると簡単に外野まで持っていかれるのが難点か。
たぶんこのクラスの選手なら来年もアイランド・BCリーグあたりで見かけるのではないかと思うので、今後に期待したい。
[PR]
by leestyle | 2010-09-20 23:44 | プロ野球
<< 2年ぶり 南都梅酒対決 >>