16.鳳鳴梅酒 ★★★

a0108684_23294740.jpg

「鳳鳴梅酒」
鳳鳴酒造株式会社(兵庫県篠山市)
アルコール分:11%以上12%未満 エキス分:不明
原材料:清酒、梅、氷砂糖

先日の「楼蘭」を飲んだ後だけにそれほど期待せずに飲んでみたら、意外に当たり。
丹波杜氏の故郷・丹波篠山で醸造された清酒「鳳鳴」をベースに南高梅を漬け込み、(醸造アルコールや糖類を添加しているものも多い中)少量の氷砂糖以外は一切何も加えていない一品です。
甘さは控えめで最初は酸味を感じるが、日本酒の持つ甘みが後から感じられ、後味はすっきり。
若干高い(500mmで1,500円)ことを除けば、十分に及第点。最近、濁り系の梅酒ばっかり飲んでいたので、こうした従来タイプの梅酒を飲むのもなかなか新鮮でした。
[PR]
by leestyle | 2010-09-25 23:57 | 梅酒(果実酒)
<< あとの半年寝て暮らす 2年ぶり >>