ぐっとかみしめてごらん・・・

a0108684_23241882.jpg

モスクワの味






↑パルナスといえば、こちら。
日曜朝に子供たちをビビらせた伝説のCM。

a0108684_2338435.jpg


ご存知の方も多いかと思うが、今は無き「パルナス」の流れを汲むのが、阪神尼崎駅構内にある「モンパルナス」。
元「パルナス」勤務の創業者一族が暖簾分けのような形で独立したのがこちらのお店。
本家の「パルナス」は事業整理により会社そのものが無くなってしまったが、「モンパルナス」は今日も「パルナス」直伝のピロシキを提供し続けている。
どうでもいいが、板尾創路の実家が三国ケ丘の「パルナス」だというのは世間でどれくらい認知されているのだろうか

a0108684_2348128.jpg


ピロシキで小腹を膨らませてから、庄下川を渡ると、石垣と城壁が姿を現す。
・・・が、これらの建造物は全て再建されたもの。場所そのものは城跡ではあるが、石垣も含めて当時のものではないという。

a0108684_23505720.jpg


尼崎城の本丸あたり。
かつては大坂の守りの要として、四重の天守閣がそびえ立ち、尼崎藩五万石の居城とは思えぬほどの威容を誇っていたというが、廃藩置県の後、天守閣を含めて城は解体。
しかも、明治以降、尼崎は大阪近郊の工業都市として急速に発展した結果、城跡にはほとんど何も残らず、堀も大半は埋め立てられてしまったため、知らなければ城跡とはまず気付かない景色になってしまった。

a0108684_23582910.jpg


それでも、地名や城跡に誕生した学校には「城内」の名前が残り、ここが尼崎城の後であったことを教えてくれる。

a0108684_23593264.jpg


南側の櫻井神社脇に「尼崎城址」の石碑がある。
しかし、画像でお気付きかもしれないが、道路よりかなり低い場所(1m以上)にあるため、見えにくい。
おそらくではあるが、かつての工業用水の汲み上げによる地盤沈下の影響でこうなってしまったのではなかろうか。
(道路は川沿いにあり、水害防止のため、後からかさ上げされたと推測)

a0108684_0122688.jpg


そして、櫻井神社の境内には謎の歌詞(?)が。
一体何の歌なのだろうか・・・
[PR]
by leestyle | 2010-10-02 20:22 | お城
<< 飯屋フロムAMA 地下帝国からの戦利品 >>