近鉄バファローズ ビジターユニフォーム

a0108684_23151837.jpg

ダイエーユニに続いて、もう一丁燃料投下。

藤井寺球場時代の近鉄バファローズ・ビジターユニフォーム。
1997年に大阪ドームに移転するまで長年にわたり使用されていたので、ご記憶にある方も少なくないと思います。

なお、上の画像は一部加工処理をしておりますが、ご容赦ください。





a0108684_23161055.jpg

袖の猛牛マーク。
岡本太郎画伯による、今も色褪せないデザインです。

a0108684_23162579.jpg

胸ロゴのマーキング。
ニット生地に一重チドリによる仕様。
シンプルですが、クラシックな感じがします。

a0108684_23163158.jpg

これも今では珍しくなったプルオーバータイプで、しかも丸首タイプ。
現在、プロ野球(NPB)のユニフォームで、プルオーバーが採用されている球団は皆無です。

a0108684_23163620.jpg

ニットたちぷのユニフォームですが、ワキ部分のみメッシュ生地になっています。

a0108684_23164535.jpg

全体的にかなりクラシックな雰囲気を漂わすユニフォームですが、実は少し前(と言ってももう15年近く昔ですが)のユニフォームだったことに驚き。
1996年と言えば、藤井寺球場最終年。
フランチャイズが移転していなければ・・・という話は止めておきます。
[PR]
by leestyle | 2010-11-24 23:23 | ユニフォーム
<< 改造計画 大人の休日 >>