5/5津球場公園内野球場

a0108684_2346692.jpg


三重スリーアローズ 5×-3 福岡ソフトバンクホークス

今季から四国アイランドリーグplusに加入した三重スリーアローズと福岡ソフトバンクホークス(三軍)との定期交流戦。

以前からアイランドリーグの各球団(もしくはリーグ選抜)とNPBの二軍との交流戦は単発で行われてきたが、今季からホークスが小川史氏を監督とした三軍を編成した上で、アイランドリーグへの加入こそしないものの年間40試合にもわたる定期交流戦を行うこととなった。
ホークスは育成選手の数がNPBの中でも読売ジャイアンツに並んで多く、二軍戦においてもなかなか出場機会に恵まれない選手(支配下・育成ともに)が少なくないため、三軍の編成にいたったものと思われるが、こうした取り組みはホークスの選手育成と同時にアイランドリーグのレベルアップにもつながり、(勝手ながら)個人的には非常に高く評価されるものではないかと思っている。

と、前置きが少し長くなったが、個人的には昨夏のリベンジを果たすべく行ってみた次第である。

試合は(格上?の)二軍主力クラスの中西の2ランホームランでホークスが先制するが、5回裏にホークス先発・伊藤が連打を浴び、5失点KO。
その後、ホークスは怜王が後続を断つものの、味方の反撃は無く、そのまま5-3でスリーアローズが勝利。

ホークスのメンバーは育成選手+高卒1~2年目の支配下選手とで構成されており、スタメン内野陣は全員が未成年と非常に若いメンバーであったが、5回裏の伊藤乱調時には誰もマウンドに声をかけに行かなかったりと悪い意味で「若さ」が出ていたような印象を受けた。






「打てば三振、守ればエラー♪」とどこかで聞いたことのあるフレーズはさておき、今季もホークスに現れた謎の育成外国人選手。
その名は「エドガルド・バイエス
この日は4打数0安打3三振、記録こそヒットだがエラーまがいのプレーが2つ・・・
お好きな方にはたまらん存在となりそうである。

ちなみにもう1人、育成外国人選手ジョシュ・ショートもいたのだが、あまり面白くなかったので省略(苦笑)

最後にお好きな方向けのバイエス画像集。

a0108684_0151023.jpg

入念にウォーミングアップを行うバイエス。

a0108684_0151966.jpg

この画像では分かりにくいが特徴的なクラウチングフォームのバイエス。

a0108684_0152968.jpg

残念ながら第1打席は空振り三振のバイエス。

a0108684_0153643.jpg

これまた残念ながら第2打席も空振り三振のバイエス。

a0108684_0154521.jpg

さらに残念ながら第3打席も空振り三振のバイエス。

a0108684_0155583.jpg

スタンドからの「働け」コールに奮起して第4打席はセカンドゴロを放ったバイエス。
[PR]
by leestyle | 2011-05-05 23:59 | プロ野球
<< 広島限定 もみじドラ 5/3京セラドーム大阪 >>